ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

旅のラゴス 筒井康隆【本】

Lagos

Hello, みすくです

ここ数年の間に読んだ小説の中で、もっとも面白かった本です。

こんなに素敵な小説があるなんて、どうして誰も教えてくれなかったの

 

舞台は高度な文明を持っていた”ご先祖様”が宇宙船でたどり着いた惑星で、

その末裔たちが増えて社会を形成しているものの、

まだまだ野蛮な文化にしか成長していない世界。

主人公のラゴスは、ある目的のために旅をしている。

出会いがあり、別れがあり、

なんと主人公なのに奴隷の身に堕ちてしまうんである。

そんなの反地球シリーズだけかと思ったよ(笑)

 

世界観とか、書き方とか、それは当然、いかにも筒井康隆なんだけれど、

筒井康隆ってこういうストーリーも書けるんだ!?という驚きもありました。

若いうちに読んでおきたかったです。

でも、この内容自体は、年を重ねてこそわかるものだと思います。

 

ところで、この本とっても薄いんです。

こんなに薄いのにこんなに充実した内容が詰まっているって、

どうなっているのだ。

ぜひみんなに読んで欲しい本です。

 

GOOD DAY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください