ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

部下が自己愛性パーソナリティ障害だったら

もし、実際に部下のNPDを疑ってこのエントリーを見てくれているなら、その洞察力に拍手を送りたい!

さて、部下が自己愛性パーソナリティ障害だったらどうしましょうか。
わたしが上司の立場だったとして、人事権を持っているならば、迷わず解雇します
NPDが起こす揉め事の解決や、陥れられた人の仕事のミスの修復なんか、時間の無駄だからです。
そもそも、会社はそういうことをやる場所じゃないです。

でも、彼らはコネ入社であったりして、そう簡単に解雇できない場合もあります。
ではどうするか?

チームでの仕事はさせない

自己愛を満たすためのターゲットを作ってしまいます。
タゲられた人が会社を辞めるまでやりますから、そのフォローが発生します。

例えば素晴らしい自分と同じチームにいるべきではない学歴の低い人間が許せない。
自分より褒められる人間が許せない。
自分より友達が多い人間が許せない。

チームにしなくても結局ターゲットは作ってしまうんだけど、チームの場合、よりお互いのことがわかってしまうので、強い攻撃材料を与えてしまいます。

褒める。とにかく褒める

簡単な仕事でも、早いね!とか、やらせた仕事の結果を必ず褒める。
過剰なくらい褒めてください。

教えない、注意しない

仕事のやり方は聞かれない限り、極力教えません。
彼らは自分に劣る人間に教えられる、などということはプライドが許さないのです。
聞いてくるときは、仕方ないから教わってやる、くらいの態度で来ますので、心を乱されないようにしてください。
仕事にミスがあったら、まず褒める。褒めた上で、修正して欲しいところを言う。
あくまでもここはこうして欲しい、という言い方をして、注意はしないこと。
教えられたり、注意されたりすると、傷ついたプライドを満たすため、誰かをターゲットにして憂さ晴らしをします。

会社内の人間関係を把握しておく

火のないところにも煙を立てるのが自己愛ですから、どこで揉め事が起きるか予想はできませんが、解決に少しは役立つと思います。

ターゲットのフォロー

誰かがタゲられるのは必至です。
その人が陥れられて仕事でミスをしないように、精神的に追い詰められないように、気を配っておきましょう。
NPD君とやっていくのは大変だろうけど、タゲさんに問題があるからだとは思っていない、と、信頼できる他の部下に言わせるのも良いです。

でも、自己愛さんを解雇しないと決めたなら、精神的に弱い社員がターゲットになった場合、早い段階で、ターゲットのほうの解雇をお勧めします。

“強靭な精神力を持つ根暗”を自称するわたしでさえ、一時期片耳が聞こえなくなりました。
自己愛さんがやることは、「精神的に追い詰める」です。
メンタル疾患まで行く前に、逃がしてしまってください。
自己愛さんのほうを守るあなたも軽蔑されるとは思いますが、自分の部下の中からうつ病患者を出すのは、まあまあリスクありますからね。

NPDの部下を抱えるみなさま、ご健闘をお祈りします・・・

※ 自己愛性パーソナリティ障害とおぼしき人にターゲットにされた経験から書いています。
専門家の意見ではありません。



自己愛性パーソナリティ障害の記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください