ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

誰かを褒めるって好きかも

昨日も書いたけど、自分を好きになるために、
自分を褒めてみたり、良い所を探してみたりしてます。

でもね、わたしは顔はまあまあの親しみやすいちょうど良い感じ、
成績は中くらいだが頭が良いので仕事も普通プラスαにこなす、
小柄で痩せているのに乳が大きくて柔らかさのある体つき、
リーダー向きの行動力、補佐向きの事務処理能力、
マッサージも料理もできる。
はっきり言って、嫌味なくらいの好条件である(笑)

それでも自分を好きになれないので、
なんだか自分を自分で褒め続けるのが、かえってしんどい気持ちになっていました。

昨日このブログで、なんとなく思いつきで、
友達の良いところを書いてみたら、これが良い気分なのですよ
わたしの周りには愛すべき人たちがいて、彼らの良い所に気付けるのだから、
自分のアンテナは生きてるじゃん、とかね、思ったりして。

わたしは誰よりも劣っている、という意識を持っている割に、
他人と自分の比較はしないんですよね。
比較するタイプは他人の良い面に目を向けることで辛くなるだろうけど、
わたしと同じタイプにはお勧め。
誰かの良い所を見つけて、褒めてみよう。

Good Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください