ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

たまには凶方位へ行ってみよう

ここに書くことは、あくまでもわたし個人の意見なので、
自分で判断してください。

どこで聞いたか失念しましたが、
方位取り(祐気取り)を長く続けている方は、たまには凶方位へ行ったほうが、
運気のバランスが取れるという説を聞きました。
冠婚葬祭や出張など、常識的に考えて行ったほうが良いことには、
行ったほうが良いと。

これは一理あるなぁと思いました。
事務職や専業主婦など、方位取りの結果が目に見えにくい人たちは特に、
方位取りのやりすぎで間違った方向に進んでしまうことが、あると思うんです。
自分の経験としても。

転職したいとか、離婚したいとか、違う世界に行けば幸せになれるんじゃないか、
っていうのは、まず間違いなく幻想。
自然に湧いてきた気持ちならまだしも、
もし、誰かに言われてそんな気になったのなら、要注意です。

自分を新しい環境に置くと、頑張らなければいけないことが増えます。
頑張っているから人生が充実していると、その時は錯覚できます。
でもその錯覚は長続きしなくて、方位取りをしているのに辛いことは起こって、
転職したいとか、離婚したいとか、違う世界に行けば幸せになれるんじゃないか。
その繰り返し。

熱心に方位取りをし、自分の居場所を変えた人たちは、
宗教にはまった人、怪しげな自己啓発セミナーに通う人、
心の病気になった人、自殺を図った人、独りでわびしい生活をしている人、
客観的には幸せになっていません。

だけどたまに凶方位に行っておけば、ブレーキを掛けられると思うんです。
凶方位には絶対行ってはいけないと指導しているところもあるし、
その人を信じるならそうすれば良いけれども、違う説もあるよ、というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください