ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

NPDにタゲられるのはどんな人?

Hello, misk です。

自己愛性パーソナリティ障害の人からターゲットにされるのは、
一般的には根が真面目で優しい人、と言われているけれど、
そんな情報じゃ対策立てられないじゃんねえ。

もっと大事なポイントは、
中途採用者」や「転勤してきた人」だと思います。

NPDはターゲットを孤立させることから始めますから、
その職場の情報を持っていない人というのは、
非常にコントロールしやすいのです。
○○さんは面倒な人なので関わらないほうが良いとか、
△△さんは契約社員ごときが話しかけちゃいけない人だとか、
わざと間違った情報を吹き込んで、人間関係を作りにくくしてきます。
そして元からいる人たちには、新しく来た人は微妙だなどと
言いふらします。

皆さまも、新しい職場に行くときは、おきをつけくださいませ。

※ 自己愛性パーソナリティ障害とおぼしき人にターゲットにされた経験から書いています。
専門家の意見ではありません。

2 Comments

あゆみ

私も派遣で入り、その女性に全く同じ事をされました。

私には、廊下で「あの人は気を付けた方がいい」とか「あの人が、この仕事貴方にやって欲しいって言ってた」と言い、
周りには、「新人何回かも言ったのに全然やってくれない!」と、一度も言われたことのない仕事について怒られました。
まだ半年ですが、完全に孤立しています。
毎日の攻撃もしんどく、自他人が怖くなりました。
対処の仕様はありますか…?

返信する
みすく

あゆみさん

つらいですよね。
自己愛性パーソナリティ障害の人口のわりに認知度が低いので、
誰かに話しても、わかってもらえないことが多いんですよね。

「半年で辞めたら信用無くなる」と考えることができる
あゆみさんは、まじめで常識的な人だと思うので、会社のどこかに評価してくれている人が
いるのではないかと思います。

わたしも半年ほど経ってから味方が見つかって、
1年ほどで罠を回避するコツを掴んできました。
すべて回避できたわけではないけれど、すべての地雷を踏まなくなっただけでも救いでした。

わたしはいったん退却して態勢を整えなおしてから戦う、というのも立派な戦術だから、
逃げずに戦うべきだとは思いません。
でも自分がまだ戦えると思うなら、わたしは応援します!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください