ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

自己愛性パーソナリティ障害を診断してはいけない?

自己愛性パーソナリティ障害な人に悩まされて以来、
ネットや本でいろいろ調べるようになりました。

そうした中で、時々遭遇するのが、
「職場に困った人がいて、自己愛性パーソナリティ障害の
特徴にあてはまります。どう対処したら良いですか」、
とかネット上で質問する人に対し、
「素人が診断するなんて危険です(キリッ」 みたいな自称業界人の回答。
# そして的外れな対処法を書いていたりする

そりゃ、医者じゃないから“診断”する気など、質問者にもないでしょうよ。
でも敵がNPDの可能性があると“判断”して、
対策を講じなければ、こっちの死活問題になるんだよね。
会社を辞めなければならないレベルまで攻めてくるんだから。

でも確かに、自己愛性パーソナリティ障害という言葉を知っただけの人が、
単なる困ったちゃんやかまってちゃんに対しても、
NPDなんじゃないか、と言い出してしまうことはある。
それはやっていはいけないし、危険なことだと思うんだよね。
かまってちゃんの困った言動は、往々にしてメンタルの弱さゆえであるし、
そういう人たちを、NPDじゃないかと避けて孤立させるのは良くない。
どっちにせよ、会社でもかまってちゃんをやってしまう人は、
いずれみんなが関わらなくなってくるけれども、
違う理由を周りが勝手に作るのは、やっぱり違うんじゃないかな。

長くてまとまりがなくなってきたので、このへんでごきげんよう

※ 自己愛性パーソナリティ障害とおぼしき人にターゲットにされた経験から書いています。
専門家の意見ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください