ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

わたしはどうやって自己愛のタゲに耐えたか

標題について偉そうに語りたいところなんだけれども、実はタネも仕掛けもあります。
わたしは期間限定の臨時契約社員だったので、10ヶ月我慢すれば良いと、
初めからわかっていたから耐えられたのだと思います。
それに、わたしの性格は鬱っぽくて暗いけど、あくまでも性格なので、
精神力はむしろ人様より強靭だろうと思います。
学歴は低いくせに、頭の回転は早いので馬鹿ではない。
そもそも、ターゲット向きじゃありません。

そうは言っても、わたしの前の人は1ヶ月ちょっとで辞めたそうだし、
わたしも1ヶ月目から辞めたいと思って、2ヶ月目から辞めることを真剣に考え、
ストレスのせいか一時的に片耳が聞こえなくなったりもしたので、
10ヶ月もったのは健闘したほうじゃないでしょうか。

では10ヶ月、どうやって耐えていたのか、書いていきましょう。

当時、わたしは「自己愛性パーソナリティ障害 Narcissistic personality disorder ; NPD)」
という障害があることを知りませんでした。
毎日毎日、自己愛さんに嫌味を言われたり、嫌がらせをうけていたため、わりと思い詰めていたと思います。
自己愛さんは人を攻撃する天才なので、わたしにも非があるところをちゃんと狙い撃ちしてきますし、
親の教育の賜物か、「自分が悪い」と思っていました。

段々追い詰められ、気持ちを切り替えるための自己啓発本みたいなのを買って読んだりしていました。
その本の中に、たまたま自己愛性パーソナリティ障害についてひとこと触れていた本があったんです。
それからネットで調べたり、パーソナリティ障害についての本を読んだりして、
恐らく、彼は自己愛性パーソナリティ障害であろうと確信を持つにいたりました。

まず、敵が何であるのかを知ったことは大きかったと思います。
NPDについて知るまでは、その人がなぜ自分をそれほどまでに敵視するのか?
やはり自分に問題があるのか?
日々悩まされ、考えていました。これ、うつ病になる人が陥る典型的なパターンと同じです。
答えがわからないでしょ。
答えのない疑問を考え続けるのは、脳はあまり得意じゃなくて、とても消耗するんだよね。
でも、理由がわかった。
原因がわかったことで、だいぶ気が楽になりました。
先に書いたとおり、ネットや本で自己愛性パーソナリティ障害についてだいぶ調べたので、
行動が予測できるようになっていました。
自己愛さんは、驚くほど皆同じ行動するんだよね。
もちろん彼らは常に斜め上を行きますから、攻撃をぜんぶ避けるのは難しいけれど、
あの人は障害があるんだから仕方ないと思うようにしました。

情報、知識を得ることがいかに大事か、ということですよ。
自分の身を守るためには、NPDの行動が予測できるかどうかは大きく関わってきます。
その後、どのような対策を取ったかは、過去の記事を見ていただければわかリます。

健闘を祈る

※ 自己愛性パーソナリティ障害とおぼしき人に
ターゲットにされた経験から書いています。
専門家の意見ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください