ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

【VBA】正規表現を簡単に使えるようにクラス化

Excel VBAで正規表現を使うとき、特にサブマッチを使うとき、
書かなければいけないことが多くて面倒なので、
簡単に使えるようにクラス化してみました。

ツール > 参照設定 > microsoft vbscript regular expressions
ExcelVBA参照設定_02

 

こんな感じで使う

 

setProperties()を設定しなければ、regExpオブジェクトのデフォルトで検索します。

Regular Expression オブジェクトのプロパティ

Global 検索文字列全体についてのパターンとの一致を検索するか、最初の一致だけを検索するかを示すブール (Boolean) 値を設定します。 True 文字列全体に検索が適用
False 最初の一致だけに検索が適用
IgnoreCase  

パターン検索で大文字と小文字を区別するかどうかを示すブール (Boolean) 値を設定します。

 True  検索するときに大文字と小文字を区別する
 False  検索するときに大文字と小文字を区別しない
Pattern  検索される正規表現のパターンを設定します。値の取得も可能です。 正規表現のパターンの記述には、特別な文字およびエスケープ シーケンスが使用されます。

 

クラスのテキストファイルを固めといたので、良かったらどうぞー。

参考
micro soft|Developer Network RegExp オブジェクト

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください