ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

【毒になる親】親を捨てよ、家を出よう

一応、タイトルは毒親になっていますが、
わたしの両親は毒親というほどではないけれど、エキセントリックな人たちで、
わたしという生きづらい人生を送る人間が形成されるに十分な影響を与えました。

毒親の家を出たいけど親がアレなんで出られない、
そんなありがちな問題に、答えます。

搾取子なのでお金がありません

貯めましょう。
方法は自分で考えろ。
でも、風俗はやめとけ。お前らのメンタリティには影響が大きすぎるぞ。

家への上納金を減らしても、極寒地獄から灼熱地獄に変わる程度です。
どうせ地獄なら、夢くらいは見られる地獄のほうが良いぞ。
毒親持ちは思考停止に陥っている場合が多いが、
親が言うほどあなたはダメ人間じゃないよ。
考えられるはずです。

保証人になってくれる人がいないので家を借りられません

日本は高齢化、核家族化で保証人がいない人はいっぱいいるので、
保証人不要で借りられる物件はたくさんあります。
不動産屋さんで相談してみましょう。
自分が最初に部屋を借りた時は保証人が必要と言われたので、
「敷金を多めに払うか、家賃を半年〜1年分前払いするので保証人なしにできないか」
と交渉した結果、
預貯金の残高を証明するため通帳のコピーを提出することで
保証人なしにしてもらいました。

親が追いかけてきて暴れ、アパートやマンションを追い出されるのではないか?

冒頭に書いたとおり、毒親というほどでもない親を持ったわたしでさえ、
逃亡先として海外を視野に入れました。
さすがに海外までは追いかけてこないだろうと。
海外赴任をする友人がいる人に、家政婦として雇ってもらえないか
聞いてもらってみたり、タイで3か月くらい過ごしほとぼりの冷めたころに
帰国すればもう追いかけて来ないのではないか、などと検討しました。
ある程度の期間を置けば親も気持ちが落ち着き、
感情のまま押しかける可能性は低くなります。
また、ワンクッション、ツークッション置いて落ち着き先を決めることで、
見つかりにくくなります。
役所には、住民票等の閲覧制限を相談しておきましょう。

殺されるかもしれません

わたしが友人にもらった言葉を、あなたにもあげます。
「どうせ今も飼い殺しだろ?討ち死にのほうがマシじゃないか」

わたしも同じ心配をしたから、本当に死を覚悟するレベルだ
っていうのはわかってる。
本当にあなたが殺されてしまったら後味悪いけど、
死んだらある意味解放されて、親がいないところに行けるんだよね。

きょうだい児なので、兄姉を見捨てられません

確かに、親は介護要員としてあなたを作っただろうけど、
こどもはこどもが育てるものじゃありません。
親が責任をもって育てるものです。
どうしても介護に自分が必要だと思うなら、「共依存」を調べてみてください。
兄や姉に愛情を持っているなら、だからこそ自立しお金を稼げるようになるべきです。
面倒を見続けるのに必要なのは、あなたじゃなくてお金だからね。

最後に

この記事はずっと書かないできたことです。
同じ悩みを持つ人に寄り添いたい、情報提供したいという気持ちは持っているけれど、
具体的な解決法を書いて、本当に背中を押してしまうのは躊躇していたから。
家を出るのは命がけだし、もっと不幸になることはじゅうぶんあり得るでしょう。
わたしも、家を出てすべてがハッピーというわけではなかったです。

書こうと思ったのは、プリンスの訃報がきっかけです。
わたしはプリンスのファンではないので、訃報をきっかけに何を考えたかは
書くべきではないと思うので詳しくは書きませんが、
わたしに心境の変化がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください