ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

JASMIN ROUGE 今度こそ出逢った、わたしが求めていた香り!!

店頭で見たものを、かわいい!欲しい!と思うのではなくて、
こんなものが欲しいな~というイメージをなんとなく持っていて、
それを探し求めることがたまにあります。

でもショッピングは好きではないので、
結局、必要なものを必要なときに、店頭にあるものから選ぶわけなんだけれど。

フレグランスは、必需品ではないから、
本気で探し求めていたわけでもなく、
やっぱりただなんとなく、
フローラルだけれど甘すぎず、ジャスミンをはっきり感じられて、
トップノートから大幅に香りのイメージが変わらない、
そんな香りが欲しいなって思い描いておりました。

そしてついに、GUCCI BLOOMに出逢ったのだけれど、
GUCCI BLOOM これこそがわたしが求めていた香り!
出逢ったのが、遅すぎたね。
この香りが似合う年齢は過ぎたのだよ。

あれほどまでに思い描いていたイメージにはまる香りには、
もう出会うことはないだろう、と思っていたら、
その後ほどなくして、意外とあっさりみつかっちゃたんだね。

それが、
TOM FORD JASMIN ROUGE(トムフォード ジャスミン ルージュ)。

厳密には、イメージしていた香りには、
GUCCI BLOOMのほうが近いし、どちらが好きかと言えば、
やっぱりGUCCI BLOOMのほう。

でも、どちらがわたしに似合うかと言えば、
JASMIN ROUGEでしょうね。
ジャスミンの奥にピリッとしたスパイスが香り、
なんとも大人向けの奥深い香りではありませんか!
さすが、トム・フォード様。
カッコ良く、セクシーだけれど嫌味がない。
如来系のわたしには格好良すぎる気がしないでもないが、
なんて芳しい香りなの。

今度こそわたしの夢の香りに出会ったのに、
それなのに、
それなのに……!

50mlで3万円。

自分はトム・フォードの購買層に属していなかった。
夢の香りが、この世に存在していたことを、
知っただけで、わたしは嬉しいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください