ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

FEELCYCLEのプログラムの強度メモ

フィギュアスケートの羽生結弦さんは完璧すぎるのでCGではないかと疑っている、みすくです。こんにちは。

あくまでもわたし基準で、
FEELCYCLEのプログラムの難易度をメモ。
BSBやダンベルが苦手なので、それらが辛さ上位に来ている
傾向があります。
上から辛い順。

BSB House 1 Houseに興味がないしチューブ・ダンベルだらけで本当に辛い。許して。
BB2 House 2 Houseに興味がないしただただ辛いし飽きる。
BB2 Rock 2 敬愛するリッチー・ブラックモアにさえ毒づきたくなる辛さ。
BB2 Hit 18 強度もあるがリズム感もある程度必要。どちらかと言えば音楽がわたしの好みじゃなさすぎるのが辛い。
BB2 HH 2 この中では一番リズム感が必要。ほぼ全般ダブルタイムが続くのでじわじわ辛い。
BB2 JONAS 2018.12~2019.2までの限定プログラム。コンビネーションが多いので、わりと頭を使う。
BB2 Queen ハードであるがQueenなので楽しい。でも途中で休憩しちゃう。
BSB Hit 3 わたしはダンベルとチューブが苦手なので辛い。苦手ではない人にとってはBSW Rock 1と同じくらい?
BSL Rock 1 BB1、BB2では使わない筋肉が動くし、ダブルタイムが多いので筋肉痛まっしぐら。
BB2 MLN2 ダブルタイムが多いので、全部真面目にやっちゃうタイプにはもっと辛いかもしれない。曲が懐かしすぎる。
BSW Rock 1 ↑のBSB Hit3より辛い気もするが、わたしはダンベル・チューブが苦手なのでBSWのほうが楽。でもキツイ。 U2のVirtigoだけが心の支え。
BB2 Hit 17 わたしは上半身の動きが苦手なので、プッシュアップキープが辛い。曲は2曲目以外ほぼほぼ好みではないため、精神的な苦痛が大きい。慣れないうちは強度が強いと錯覚してしまうが、実はそうでもない。
BB2 Rock 1 BB1を3~4回受けた後にステップアップするならこのプログラムかな?
BB2 MLN 1 わたしが今まで受けたBB2の中で一番強度が弱い。BB2 Rock 1との差も大きく、単純に必要な体力だけで言えば、BB1 DVGTより楽かもしれない。基本的な動きであるプッシュアップ、エルボーダウン、ライト、レフト、バックトゥアップ、タップイットバック、アイソレーションがひととおり出てくるので、BB1に慣れたら受けてみたら良いと思う。
BB1 DVGT BB1のなかでは強度が強いわりに、プッシュアップ・エルボーダウンばかりで動きは単調。トライアルでうけるなら他のプログラムのほうが雰囲気がつかめると思う。
BSL Hit 6 足はBSL Hit 7のほうが強度が強い気がするけど、ハンドルを片手で持つ動きと、ダンベルを片手に2個持ちするのがちょっとやりにくい。
BSL Hit 7 内容自体はBB1 Hit 9、BB1 Hit 11より楽だが、自分の意識しだいで効果を出せるかどうかが決まるので、そういう意味での難しさがある。
BSL Hit 3 内容自体はBB1 Hit 9、BB1 Hit 11より楽だが、自分の意識しだいで効果を出せるかどうかが決まるので、そういう意味での難しさがある。
BB1 Hit 11 ダンベルがBB1 Hit9よりやや辛い気がするけど誤差の範囲。
BB1 Hit 9 わたしが受けたプログラムの中で一番簡単。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください