ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

攻撃的な人にターゲットにされたとき、やってはいけないこと

今日書く内容は、去年のできごとであるが、今年はバカに捕まらないぞ、という意気込みのために書き記し、筆箱にしまう、みすくです。こんにちは。

自己愛性パーソナリティ障害の人にタゲられたとき以来、
久しぶりに自分が攻撃の対象になりました。

わたしは客先常駐の仕事をしているので、
自社でお仕事をしている人に比べ、
色んな人とお仕事をする機会があります。
その中には、攻撃的な人、面倒くさい人、難しい人などは、
たくさんいました。
でも、客先常駐なんだから、そういう人とうまくやって行く
スキルは身につけて来たつもりでした。

だが、今回は負けた。

わたしがやってしまった決定的な失敗を、
シェアしたいと思います。

そもそも何が攻撃材料になったか

攻撃の材料になったことは、
“わたしがおばさんであること”でした。

若い人がおばさん苦手だなあと思ってても、
これは大したことがない。
わたしのほうが年上なのだから、
彼らの態度に出ても、牙をむいてくることはまずない。
言い方は悪いけど、若い子を手懐けるのは、
そんなに難しくない。
伊達にこっちだって歳取ってないからね、
その辺の手練手管もありますよ。

難しいのは自分より年上で、
わたしがおばさんであることをイジってくる奴。
彼らは攻撃的な性格だから、
攻撃できる相手の攻撃できる点を攻撃してくるのであって、
わたしがおばさんであること自体は、どうでも良いんだよね。

同調して自虐発言をした

わたしがやってしまった決定的な失敗は、
相手に攻撃された時に、
揉めたくないから同調して自虐発言をしたことです。
年齢や体型のことで攻撃を受けた時、
「いや~、ババアに年齢の話ふらないでくださいよw」
「そうですね、老化して痩せたんですよw」
とかね、言ってたんですよ。

自虐は、ものすごい勢いで自分のHPを削っていくね。

これはやるべきではないと断言できます。

どうするのがベストか

わたしも知りたい。
うまい対処法をご存じのかた、ぜひ教えてください。

これ、対処が難しいんだよね。
例えば、「セクハラはやめてください」とか言っちゃうと、
「最近は何でもセクハラって言われるから、
やっぱり女の人は難しいよね」とか男性のお仲間内で
話題にされるのがオチなんですよ。

それと、攻撃的な人はこういうのを
「攻撃」や「恥をかかされた」と受け取るから危険。

でも多分、自虐なりなんなり、リアクションしちゃうと、
相手が反応したことによって、
攻撃がエスカレートするんだな。

今年はそういうバカに振り回されないぞ!

↓ まだ読んでいないけど、
対処するために読みたいと思っている本をメモ。

2 Comments

nazna(

みすくさん、あけましておめでとうございます。(*´ω`*)

普通の男性だったら、同じ職場の女性を年齢や容姿でいぢるなんて、そんな、恐ろしいことは到底できません。ちょっとくらい頭によぎったとしても、やっぱり絶対に無茶です。それを実行しちゃうとは、そいつは危機管理がまるでできていない、頭の足りない子と言わざるを得ない。もうね、AHOとしか思えない。

古来、女性を敵に回して無事に済んでいる男性はあまり多くないと思ってますw

まあ、そんなことにかまってないで、今年も良い年でありますように。

 

返信する
みすく参謀

nazna(さん、あけましておめでとうございます♪
今年も仲良くしてね。

女性かどうかの前に、”このわたし”を敵に回して、
タダで済むわけないんですよ。
もう根回しはしておいた( *´艸`)

今年はもうあんなくだらない輩に煩わされず、
良い感じの年にしようと思います。
nazna(さんも良い年になりますように!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください