ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

ラブ・アクチュアリー

お化粧すると肌が呼吸できない気がしていつもすっぴんですが、
「肌がきれいだと言われます」「若いと言われます」とおっしゃるかたは
わりとたくさんいる印象を持つんですが、そのようなすっぴん美人に
お会いしたことがない、みすくです。こんにちは。

ラブ・アクチュアリーを見ました。
英米合作の2003年の映画で、ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、
コリン・ファース、マーティン・フリーマン、エマ・トンプソン、
キーラ・ナイトレイなどなど、豪華キャストにおしゃれな選曲の群像劇です。

個人的に群像劇は好きで、映像の撮り方もきれいだし、
ジェイミー(コリン・ファース)のプロポーズや、
マーク(アンドリュー・リンカーン)のフリップの告白のシーンも素敵。
(よくよく考えるとマークはキモイけど)

世間では、文句なしにハッピーな気持ちになれる
ラブコメという位置づけみたいなんだけど、
案の定、わたしは幸せになれなかった人たちに、注目してしまうのだな。
最後の空港のシーンで、
ミアに心が傾いていたハリー(スネイプ先生ことアラン・リックマン)の妻、
カレン(エマ・トンプソン)が真顔から、笑ってみせる、を数回繰り返してたよね。
あれはどういう意味だろう。結局ぎくしゃくしてるってこと?
ハリーはどこから帰って来たの?別居してるの?

そしてやっぱり、カール(ロドリゴ・サントロ)に2年7ヶ月片思いしている
サラ(ローラ・リニー)が、自分の恋ではなく、
精神障害のある弟を選んでしまうのが辛い。
色々な愛がテーマの映画だから、家族愛のパートなんだろうけど、
悪い意味で、家族の重さというか。
わたしはこういうとき、サラよりもカールがかわいそうだな、って思うんだよね。
サラが弟を選んだからうまくいかなかったように見えて、
障害のある家族がいるサラとの関係を進めるか、
引くかの決定権を持つのはカールでしょ。
そういう踏み絵を踏まされることは、残酷なんじゃないかな、と。
でもそこでサラを責めないカールは良い男だな。
普通、先に言ってほしかったとかって怒るとこだし。

そんな感じで、映画としては好きだけど、
わたしはそんなにハッピーになれる映画でもないかな。
てか、そういうところにばかり目を向ける自分を何とかしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください