ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

人を褒めたい

流行りのアドラーで、人は対等だから褒めてはいけないとあるのだけど、
わたしは褒められたい。認められたい。
そもそも、人間は本当に対等か?

わたしは会社で自分が認められていないこと、
誰にも褒められないことに、悩んでいると言うか、思うところがある。
(認めてもらうだけの実力がないと言われればそれまでだが)

実際には、現場(お客様)には認められているという客観的事実はあるのだけど、
それって、契約も続くし、複数のお客様から指名されるから、
評価されてるんだろうなあという結果を導き出しただけだ。
単なるエンジニア不足だから、お手頃な人選をしているだけかもしれない。

言葉に出して、(欲を言えば賃金に反映してほしいけど)
わたしはあなたのことちゃんと見てるよ、ちゃんと評価してるよ、
っていうの、相手に伝えるのは大事なんじゃないかなあ。

わたしがTwitterでフォローしている殿下さん(仮名w)が、
英語の勉強を頑張っているのだけど、大人になって勉強するって素敵よね。
わたしは仕事に必要な勉強をしてはいるけど、焦燥感に支配され、
身についているんだかついていないんだか、Javaやったりwshやったり、まさに迷子。
殿下のように、勉強の苦しさと楽しさを感じながらも続ける姿は
とても立派だと思うんだから、あなたは立派だよ、
って伝えたくなる。

自分が褒められたいから、他の人も褒められたいとは限らないんだけれど、
自分は認められないこと、褒められないことで、孤立感を感じているから、
同じ気持ちを誰かに感じさせたくない。
でも、そもそもそんなこと誰も望んでないんだろうか。

最近、答えを見つけられないことを考えがちだな。
これは良くない傾向だけど、文章には残しておきたいと思う。

今日のひとこと
人間は、ピンチになると火事場の馬鹿力を出すタイプと、
(楽に死ねるように)寝てしまうタイプがいるんだよ。
前者は交感神経が、後者は副交感神経が発達してる。
こんな状況でよく眠れるもんだ、じゃなくて、こんな状況だから寝てしまうのだ。

2 COMMENTS

殿下(仮名)

わーい。褒められた。どうもありがとう!
とにかく嫌になるほど牛歩だけど頑張ります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください