ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

自己愛性パーソナリティ障害にタゲられたら上司に相談すべきか

自己愛性パーソナリティ障害の人にタゲられたら、上司に相談すべきか?
答えはノーです。
理由は3つ。

タゲ以外には自己愛さんは魅力的な人物に映っている

快活で弁舌爽やか、ルックスまたは学歴に恵まれた自己愛さんと、自己愛にタゲられ孤立して周りに溶け込めないあなた、どっちが信用されるかって言ったら、自己愛さんです。
人気者を僻んでいるようにしか見られません。
特に、あなたが女性の場合、「これだから女は」という評価になります。

相談しなければ何が起こっているかわからない上司は、管理職として無能である

ただでさえ解決の難しい人間関係のトラブルを無能に任せたら、もっとこじれる可能性が高いです。

どっちみち解決法がない

どちらかが居なくなる以外に、解決法はないですよね。
あなたが何を訴えようが、じゃあ自己愛さんに退職していただきましょう、とはならないです。

自分が被害者なのに上司に頼れないなんて、と思うかもしれないけど、原因が自己愛さんではなくても、人間関係の悩みを上司に相談することは、ビジネスの場でクレバーな立ち回りとは言えません。
あなたが会社を辞めたくないなら、自己愛さん以外の人に対しても、常にうまく立ち回ることを意識しましょう。

※ 自己愛性パーソナリティ障害とおぼしき人にターゲットにされた経験から書いています。
専門家の意見ではありません。



自己愛性パーソナリティ障害の記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください