ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

魔王 伊坂幸太郎

こんにちは、みすくです

 

伊坂幸太郎氏の作品を読んだのは、『魔王』で6冊目です。

この作家は肌に合うな、と思って読んできたんだけど、

引き込まれるような読み方をしたのは、この『魔王』が初めて。

不穏な空気が漂い、不気味なものが忍び寄る、

みたいな小説がもともと好きだからかな。

 

ゴールデンスランバー』でもそうなんだけど、

政治やマスコミを風刺しているものの、

それそのものはテーマとしていないところが良いです。

おもしろい小説の世界って、

主張ではなく空想から生まれるんじゃないかなって、

わたしは思っているので。

もう一つおもしろい点は、

各作品の登場人物が他の作品を行き来していているのが、

伊坂作品の特徴なんだけど、

彼まで出てくるの!? というヒトが『魔王』には登場します。

彼が出てくる以上、何が起こるかは予測できてしまうんだけど、

それでもがっかりさせない力量に驚かされました。

締めくくり方も秀逸。

おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。