ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

森見 登美彦 四畳半神話大系

なぜかわたしが影響を受けやすいお友達に教えていただいた本です。
森見 登美彦さんの本を読むのは初めてなので、
先が読めなくてワクワクしました。
でも、感性が若いうちに読んだほうが良いんじゃないかなって思います。

おもしろかったからおすすめしたいところなんですが、
ネタバレせずに書けなかったので、わたしのライフログとして
記しておくってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください