ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

エルモはなぜ可愛いのか

エルモ

なぜか、『エルモと毛布の大冒険』がどうしても見たくって、DVD を買いました。
セサミストリートのあのエルモなので、もちろん小さな子ども向けです。
なんでしょう、わたしは疲れているんでしょうか。
みすくです。こんにちは。

エルモと毛布の大冒険について

エルモは”ブランケット”こと青い毛布を大事にしていて、いつも一緒。
コインランドリーで毛布をお洗濯した帰り、ゾーイが毛布の肌触りの良さに気づき毛布を離さない。
毛布を返して欲しいエルモと毛布を取り合って、なんだかんだやっているうちに、毛布はグラウチランドという、ゴミの国へ。
そして欲張りなハクスリーに取られてしまい、毛布を取り返すための、エルモの大冒険!

elmo_02
ハクスリー役には、クリミナル・マインドのジェイソン・ギデオン、ホームランドのソール・ベレンソンの、マンディ・パティンキン
ドラマのシリアスな役とはまったく違うコミカルな役を演じ、悪役とは言え、歌って踊って楽しい。

elmo_03
ゴミの女王にはヴァネッサ・ウィリアムズ
アグリー・ベティやデスパレートな妻たちに出演されている女優さん。
さすがアフリカ系初のミス・アメリカ、歌でも成功したかただけあって、今でも美人だけれど、お若いころなのでとってもきれいで歌声ものびやかで素敵。

そしてもう、とにかくエルモがかわいいんだね。
でもエルモのかわいさってなんだろう。
元は名前もないその他大勢扱いのパペットだったので、ビッグバードやカウント伯爵に比べ、なんか適当な作りでしょ。
エルモはなぜかわいいのか考察してみた。

挨拶、ありがとう、ごめんなさいがちゃんと言える

エルモは自分に何かをしてくれた登場人物に、ありがとうときちんとお礼をしています。
そして自分に非がある場合は、余計な言い訳をすることなく、謝ります。

騒ぎに集まってきた人たちを追い返すにしても、ちゃんとThank youで締めてる。
Everybody, break it up.
Nothing to see here. Moving along.
Just a little monster trying to get his Blanket back.
Thank you.

エルモは自分をIではなくElmoと呼び、たまに文法も間違える設定なのですが、相手を「さん」付けで呼び、Please, Thank you, Sorry, Excuse Elmoは、ちゃんと言えます。

人のアドバイスを素直に受け入れる

冒険中、エルモが弱気になる場面が2回あります。
そこで、エルモを励ますキャラクターが出てくるのだけど、デモデモダッテ言わずに、素直にアドバイスを受け入れます。
ちなみに、この励ますキャラクターも秀逸。
根拠のない頑張れじゃなくて、納得のいく説明をした上で、だから君にもできるよ、って言ってくれる。
さすがセサミストリートである。

いつも上機嫌

この映画では毛布が破れてエルモがブチ切れたりもするんですが、基本的に上機嫌です。
ポジティブとかいう鬱陶しいものではなく、「上機嫌」。
不機嫌だから他人に不機嫌な態度で接するということがない。

まとめ

このエルモのかわいさの要素には、大人も学ぶべきことがあるよね。
できて当たり前のようでいて、できていない人はいっぱいいるわけで、こういう基本を押さえると、生きるのが格段に楽になります。

エルモのかわいい動画3選 エルモのかわいい動画3選 エルモのかわいい動画3選 おかわり エルモのかわいい動画3選 おかわり

4 COMMENTS

nazna(

みすくさんにとってのエルモのポジションは、自分の中では星の王子様かもしれない (´・ω・)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。