ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

【海外ドラマ】ホワイトカラー

自分が好きなドラマや映画をひたすらおすすめしたり、好きでもないけどひとこと言いたいドラマを、結局おすすめしたい、みすくです。こんにちは。

わたしが今まで見たドラマの中で、一番好きなのはホワイトカラーです。

アメリカのドラマを見ると、FBIって便利だなあと思います。
数学者もマッドサイエンティストでも捜査官と組ませられるんだよね。

ホワイトカラーは、
FBIの知的犯罪の捜査で、天才詐欺師と組みます。
詐欺だけではなく、泥棒もできるし美術品の知識が豊富で贋作の作成も天才なので、便利過ぎる設定だけどドラマだから良いでしょう。


天才詐欺師ニール・キャフリー役のマット・ボマー。


FBI 知能犯専門チーム ピーター・バーク役のティム・ディケイ。


ピーター・バークの妻、エリザベス・バーク役の
ティファニー・ティーセン。


犯罪世界のニールの友人モジー役の、
ウィリー・ガーソン。

主演のマット・ボマーがイケメンだからヒットしたように見えるけど、レギュラー、純レギュラーは全員が魅力的なんですよ。
キャラクターの設定がしっかり作りこまれ、FBIの知能犯専門チームのバランスが良いため、こいつ何のために居るんだ?というような、視聴者をイラつかせるだけのよくわからない人が出てこない。

ストーリーも頭脳とトリックで犯人をひっかけていくので小気味よく、堅物のピーターがニールに振り回されつつも、次第にお互いを信頼して行くという流れも好きです。

ちなみに、マーク・シェパードがゲスト出演する回があるのですが、もういっそ、取引もちかけてキスを迫ってくれる?と思ってしまいました。
それはSuper Naturalのクラウリーだけどな。

おもしろいしわたしの大好きなドラマなので、良かったらぜひ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください