ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

プログラミングスクールに通ってプログラマーを目指す前に、現役エンジニアが現実を教えたい

猫になりたいという人がいるけど、猫を愛でるほうが断然お得な気がする、みすくです。こんにちは。

職業柄か、プログラムの学習を勧める、プログラミングスクールへのアフィリエイトの記事や動画、情報商材などには、つい目が行ってしまいます。

IT業界の実情の事は書かず、
プログラミングができれば年収600万円になれる!
フリーランスへの道が開ける!
みたいなのは、現役エンジニアであるわたしから見て、はっきり言って無責任だと感じます。

IT業界で不幸になってしまう人を減らすため、わたしは本当のことを伝えたい。

IT業界はSESで成り立っている

SESとはなんぞやを詳しく知りたい場合は、Google先生に聞いてください。
簡単に言えば、多重下請け構造で奴隷を売って、奴隷からかすりを取る仕組みだと思ってくれて良いです。
自分が所属している会社ではなくて、お客さまの会社に通勤して仕事をします。
人材派遣と似たようなものです。

参考 残業ゼロのIT企業AXIA社長ブログ ↑このへんを参考にすると、SESの闇がよく分かると思います。
これに対する反論もググると出てくるので、そっちも読むと良いでしょう。

SES側に行ったらアウト

SESで経験を積んでから転職を狙うのもアリではあるんだけど、個人的には勧めません。
よほど強靱なメンタルを持っていないと、気持ちがくじけ、自信がなくなります。

前述のとおり奴隷売買だから、自分に45万円/月とか値段が付くわけですよ。
例えば自分に5年程度経験があっても、大手の新人の値段のほうが高かったりします。
これね、結構精神的にきついですよ。

それと、勤務地ではその会社の正社員ではないから、身分の壁を感じますし、自分の立場をわきまえて立ち回る必要があります。

奴隷身分でもモチベーションを保ち、5年、10年頑張り続け、勉強も怠らず、ステップアップしていくぞ!という自信があるならば、SESからのスタートでも良いかもしれません。

で、一流企業に就職できる自信ある?

SESじゃない側、SESを使う側ってどんな会社かっていうと、誰もが知ってる有名企業。
そういう会社に採用される人は良い大学を出ている人であって、プログラミングをちょっとかじった程度の素人ではないね。

一生勉強が必要な職業

これ自体には、わたしはエンジニアとしては全然疑問を持たないけど、資格を取ってIT業界に入ればオッケーだと思っている人も居るだろうから、言及しました。
技術書も安くないし、IT業界は残業が多いので、日々の残業で疲れた体で勉強を続けていくのは、やっぱり大変ですよ。
そのつもりで入って来たほうが良いです。

スクールへ通う前に、プログラミングの本を買ってみよう

スクールに通わなくても、4,000円程度でプログラミングの本を買えるので、先ずは本を買って勉強してみましょう。

↑ これを独学で勉強してみて、プログラミングの才能があるみたい、と思ったら、そのまま独学なり、スクールに通っても良いと思います。
自分に才能があるとは思えなかったけど、自分は独学苦手だから・・・スクールで習えばあるいは・・・と思った人は、悪いことは言わない。諦めなさい。
IT業界には向いていません。
IT業界は人手不足と言われているけれど、スキルのある人が足りていないという意味であって、そうじゃない人は余ってます。
転職先を探すことになるよ。

無料プログラミングスクールについて

タダにはもちろん裏があるし、タダより高いものはないって本当だね、とだけ言っておきます。

でもガチ無能でも年収300万円になれる

びっくりするような無能でも、運良く大きい会社に就職できたら、結婚してこどもを持つ選択ができる程度の年収になれます。
聞いたこともないような中小企業でも、年収300万円くらいになれる。
技術職なので、周りの人には能力がないことがまるわかりですから、メンタルが強いなら良いかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください