ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

初心者がボルダリングを体験したけど向いていなかった

思い立って、初心者がボルダリングを体験してきました。
お子さまが多かったので、お子さんを連れて行くならここ気を付けたほうが良いよ、というのもついでに書いておきます。

ボルダリングをやろうと思ったきっかけ

FEELCYCLEに通って体力がついてきたので、壁も登れるんじゃない!?となぜか思っちゃったのです。
テニスでも空手でもなくボルダリングだったのは、たまたま目についたから。

事前準備

ボルダリングはワンサイズ下で足の指がちょっと曲がるくらいきつい靴を履くので、足の爪をかならず切って行くこと!

ルールはジムの人が教えてくれる

ボルダリングのジムの人が教えてくれるので割愛します。

わたしには向いていなかった

向いていませんでした・・・。
登ること自体は面白かったし、壁を眺めてどう登れば良いか考えて攻略するというのはむしろ好きな部類。

1ルートは1度に1人しか登れないし、隣の人とある程度スペースを開ける必要があるので、順番を譲り合ってやるわけなんですが、意外と子どもが多くて、子どもは譲り合うとかないじゃないですか。
同じコースをお子さまが独占しちゃったり、今わたしが登っているコースを「早く空かないかな~」と大きな声でアピってきたりするけど、相手は子どもだからわたしも譲るわけですね。
お子さまが違うコースにハマるか、帰るまで待ち時間になるので、待ち時間が長くて飽きました。

子どもが多い

前述のとおり、お子さんが多いです。

ボルダリングってなかなか危険だけど、やっぱり子どもはルールとかあまり話を聞いていないので、ちょっと目を離すともう危険な行動を取っています。
怪我をしたり、人に怪我をさせないためにも親はちゃんと見ていなきゃいけないので、子どもに遊ばせておいて親はスマホで時間を潰してれば良いところではないです。

子どもを連れてくるなら、親は事前にルールをよく把握して、お子さまが危ない行動を取ったら口頭で指示できるようにしておいたほうが良いです。
危ないことをやっているときはたいてい他の人の下や近くにいる時とか、壁の上だったりするので、そこまで行って連れ戻るということが必ずしもできないからです。

低身長には難しい

身長は160cm以上あったほうが有利だと思います。
背が低いともう上に足場もないし上にも手が届かないし、低いグレードでも行き止まりになったりします。

どんな服装がお勧め?

動きやすければ何でも良いですが、初心者で、特に女性には長袖・長ズボンをお勧めします。
わたしは半袖Tシャツ、スポーツタイツと短パンでやったら、手首に擦り傷ができてしまいました。
なんか重い過去がある人みたいになってる・・・。
わたしっていかにもそういうことしそうに見えるタイプだから、周りが気を遣うじゃないか。

若いとすぐ直るけど、ある程度の年齢になると跡が残ったりするからね。

わたしはFEELCYCLEでスポーツタイツを履いているのと我が道を行って平気なタイプだから、それ使ったけど、お金に余裕がある人はクライミングパンツが浮かなくて良いと思うよ。

2 COMMENTS

みすく参謀

見た目はスパイダーマンなのに壁は全然登れないっておもしろ過ぎるんだけど(笑)

返信する

nazna( にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください