ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

3D思考【本】

3D_20121013

Hello, みすくです

 

ここ最近買ったビジネス書の中では、一番買って良かったな、と思った本です。

視点を変えて物事を見ることの大切さは、なんとなくわかってはいたものの、

どこにどう視点を変えたら良いのかが、わたしには身についていませんでした。

『3D思考』では、視点の動かし方を教えてくれます。

 

意識する視点の軸は

・レベル

・ポジション

・時間

 

「仕事の質」を高めるためには、まず「思考の質」を高めていくことが必要

というところまで持って行くには、わたしにはトレーニングが必要だな。

会社の勉強会で試せる機会があるので、今度から視点も意識するぞ

 

個人的に面白いと思ったのは、

作業を小出しにしないで、全体像を示してください。

と言ってしまったというエピソード。

「まず全体像を理解してから、詳細の説明を聞きたい」

ーーーこれは人から説明を受けるときに、多くの人に共通する要望なのだと思います。

 

こういうことってたまにあるけど、他の人も経験することなんですね(笑)

 

この本は気に入ったから、もっとじっくり読んで、この記事に書き足していくつもりです。

 

余談ですが、書評系記事の書き方を変えてみました。

本から抜粋したところに、色を付けています。

 

ごきげんよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください