ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

USJ ホラーナイト2019 ゾンビ・デ・ダンス ヴァンパイア


Youtubeのお勧めに出てくるのだが、もちろんわたしはUSJに興味などないし、ハロウィンにも興味がない。
USJとは何ぞやすら知らん、銀行と違うことはかろうじて知っているぞという域ですらある。
実はこの記事のタイトルも良く分かっていないまま付けた。

興味がないから別に動画を再生することもなかったんだけど、そのまま表示され続けているうちに、やっと意味に気が付きました。


わたしがYoutubeでいつも見ているのはデーモン閣下の「修羅と極楽」。
Googleさん的には、同じカテゴリーでしょ?ってことね(笑)
デーモン一族はヴァンパイアのような下級な種族とは違うのだよ。
(聖飢魔Ⅱ信者しか知らないと思うけど、魔界においてヴァンパイアは下級の生き物なのである)
そこのところ、お間違いなく。

とは言えですね、1曲目はFall Out BoyのThe Phoenixではないか。
曲はすごく好きなんだけれど、ボーカルのパトリック・スタンプの声質があまり好みではなくて、USJの方の声、すごく良いですね。
この声でThe Phoenixの配信があれば買いたいくらい。

USJの動画はてっきり口パクだと思っていたら、センターのヒトは複数いらっしゃってそれぞれ歌い方が毎回違うので、もしかして生で歌われているのでしょうか?
個人的には、上にはった動画の方の声が好みです。


結果的にGoogleさんは間違っていなかった

結果的にすごくUSJの動画が気に入って、結構見てしまった。
わたしは聖飢魔IIが好きなつもりでいましたが、もしかしてこういうメイクが好きなんでしょうか。(デーモン閣下はメイクじゃないけど)

良い声だし、The Phoenixはカッコイイ。

余談

USJの歌っている方は複数いらっしゃって、メイクしているから人の区別がつかないというコメントが動画についているのをちらほら見かけました。
わたしはUSJのキャストに詳しくないので、単体で見たらこれが誰、というのはわからないのだけれど、動画ごとの人の違いは、歌が始まる前でも簡単に見分けられます。
聖飢魔Ⅱとメイク信者を見慣れているから、そういう特技をいつの間にか身につけていたようである。
わたしの色んなところが聖飢魔Ⅱでできているのだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください