ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

Max Responsive WordPress Magazine Themeのカスタマイズ(1)

こんにちは、ミスクです

このブログで使わせていただいているテーは、

gazpo!さんの「Max Responsive WordPress Magazine Theme」です。

自分用のメモの意味も込めて、カスタマイズの仕方を書いていきます。

もし、誰かのお役に立てば幸いです

でも案の定、需要の低いところに行こうとするわたしである

ちなみに、wordpressのテーマには、怪しいコードが混ざっているものもあります。

MAXの中身をしっかり見たわけではないので、

使用するにしても、カスタマイズするにしても、自己責任でお願いします。

さて、Carouselはそのまま使うと、文字化けしてしまうことがあります。

↓こんな感じで。

これはタイトル、内容の抜粋をバイト単位で省略しているから。

我らが日本語の文字はマルチバイト文字ですから、

1文字が途中で区切られてしまうのが原因です。

だったら、バイト単位ではなく文字数単位で区切れば良いですね。

手を入れるファイルは

/wp-content/themes/max/includes/carousel.php

まずはタイトル部分。

修正前

<?php 
	// display only first 22 characters in the title.	
	$short_title = substr(the_title('','',FALSE),0,22);
	echo $short_title; 
	if (strlen($short_title) >21){ 
		echo '...'; 
	} 
?>

 

修正後

<?php 
	// display only first 22 characters in the title.	
	$short_title = mb_substr(the_title('','',FALSE),0,11);
	echo $short_title; 
	if (strlen($short_title) >21){ 
		echo '...'; 
	} 
?>

 

いっそ、省略するのをやめちゃうならこう。

<?php 
	// display only first 22 characters in the title.	
	//$short_title = substr(the_title('','',FALSE),0,22);
	//echo $short_title; 
	//if (strlen($short_title) >21){ 
	//	echo '...'; 
	//} 
	echo the_title('','',FALSE);
?>

 

次は、抜粋の文章を直しましょう。

修正前

<?php 
	// display only first 150 characters in the description.
	$excerpt = get_the_excerpt();							
	echo substr($excerpt,0, 100);							
	if (strlen($excerpt) > 99){ 
		echo '...'; 
	} 
?>

 

修正後

<?php 
	// display only first 150 characters in the description.
	$excerpt = get_the_excerpt();							
	echo mb_substr($excerpt,0, 50);							
	if (strlen($excerpt) > 99){ 
		echo '...'; 
	} 
?>

わたしは文章の抜粋はなくても良いや、と思ったので、全部コメントアウト。

<?php 
	// display only first 150 characters in the description.

	//$excerpt = get_the_excerpt();													
	//echo substr($excerpt,0, 100);								
	//if (strlen($excerpt) > 99){ 
	//	echo '...'; 
	//} 
?>

今日はこのへんで、ごきげんよう

 

関連記事:Max Responsive WordPress Magazine Themeのカスタマイズ 目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。