ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

聖飢魔II 地獄の再審請求「控訴」

聖飢魔II 地獄の再審請求「控訴」 D.C.18/02/19 (金)日本武道館
聖飢魔IIのミサを参拝してまいりました

翌日の「上告」と内容が違うため、ブログ等でネタバレしてもお咎めなし、
とのお達しでした。
でも、細かいレポを書く気はナッシングです。
実のところ、いかにも音楽わかってますみたいな批評なんか雑音だと思っているし、
わたしが感じた楽しさや嬉しさだけを伝えたいから。

そういうわけで、円グラフで表現します!

控訴_曲目について
好きな曲ばっかりだったけど、聖飢魔Ⅱの曲はほとんど全部好きだから当たり前か(笑)
ルークさん加入後の解散前からの信者であるわたしにとって、意外な選曲が多かったです。
ミサで聞けると思っていなかった曲が多くて、新鮮でした。
(THE END OF THE CENTURY全曲とあらかじめ告知されていたようです。
知らなかったので逆に楽しめた~)
もちろん聞きたい曲も聞けて嬉しかったです。解散しているのに生で聞けるなんて最高。
解散したバンドにいつまでもすがってしまいますよ、そりゃあ。

控訴_MCについて
思い出を美化(?)していたのか、自分が年を取って時間を短く感じるようになったのか、
あんなに長かったはずの閣下のMCが短く感じました。
殿下のお話もウケた。
ロックバンドなのに全員しゃべりが達者なのだっ

 

控訴_おきまり
客席とのお決まりの掛け合いとか、あの曲ではみんなでこう動くとか、あるでしょ。
ミサに行ったらアレはやりたいよね、は全部できた!
(本当はひとつできなかったけど2DAYSで内容が違うと聞いていたので予想はしてた)
青森県南部地方および岩手県では……なななななんと!!
初めての人たち、良い経験したね

 

控訴_閣下について
歌、上手だったな~
閣下はよく歌詞を間違えるんだけれど、わたしもうろ覚えになってきていて、
間違っている気がするけど確信はない、という状態(笑)
閣下はマイクを通さない声を聴かせる演出をするんだけど、これは嬉しい。
さすが悪魔、人間の心をつかむ方法を良くご存じでいらっしゃる。
円グラフに入れ忘れたけど、舞も素敵でした。

 

控訴_参謀について
わたしはLUKE宗なんですけど、
ギタリストとしても、作曲家としても、作詞家としても、キャラクターも、
とっても好きです。
座席がJAILさん側だったので、あまり良く見えなかったけど、
何回か入れ替えでこっち側に来てくれて、じっと見ちゃいました。
本当にカッコイイ。
戦闘服もかっこよかったです。

控訴_代官について
わたしは、ギターセクションがACEさん&LUKEさんになってから信者になったので、
JAILさん加入後のミサは初めてです。(解散ミサでのプレイは見てます)
正直言って、エースさんとルークさんの組み合わせから生まれる音が、
わたしにとっての聖飢魔Ⅱで、彼らを超えるツインギターはいないと思っています。
でも、ジェイルさんは華やかで、セクシーで、ギタリストとしては好きです。
そして、なによ!その笑顔!!萌えるじゃないの!!!

念のため追記します。
わたしはギタリストとしてエースさんのほうが好きです。
でも、ジェフ・ベックが好きな人もいれば、
リッチー・ブラックモアが好きな人もいるように、音の好みです。
だから、ジェイルさんを認めないなんて全然思いません。
ジェイルさんが参加してくれたからこそ、再集結ができたのだし、
感謝しています。とにかく笑顔萌えるし。
 

控訴_和尚について
聖飢魔Ⅱの要である和尚。
わたしは耳の病気で、聞き取りにくい音域があるらしいのですが、
音楽を聴くうえで、一番影響が出てしまうのがベースの音です。
だから、本来の和尚の演奏は堪能できていません。
だけど、ライブだとそれでも楽しい!

控訴_殿下について
あんなに細いのに、パワフルなドラムで好き
わたしの席からだと、ドラムスティックの先しか見えなくて残念でした。
解散前から当然ライデン殿下のドラムは評価してたし、かわいらしいキャラクターも好きだったけど、
解散後に見せてくれた信者への思いやりが、とても嬉しくてもっと好きになりました。

控訴_残念
構成員の気を引きたいのか、本当に頭の悪い人なのか知らんけど、
聖飢魔Ⅱの世界観をご理解いただきたいですね。
会場にゴミを置いたまま帰る人も、ありえない。
そういうやつらはどうしたら良い!?

控訴_総論
本当に、行って良かった!
行く前もワクワクしたし、あんなに楽しい時間を過ごしたのは本当に久しぶりだし、
ミサが終わった後も胸いっぱい。ついに感情が動いたよ!

前述の、耳の病気で聞き取りにくい音域があるため、
何を聴いてもバランスの崩れたメロディに聞こえてしまい、音楽を楽しめないので、
ミサに行くつもりはありませんでした。
でも、参拝券が余っている人がいて、参拝したいな、という気持ちに、
素直に飛びついてみました。
チケットを譲ってくれたかた、ご協力くださったかたに感謝します。

わたしのことを知っている人はご存じのとおり、どこにも居場所を作れないで
いろいろ思い悩んでいます。
そんなことは悩んでも仕方がないことだ、生まれ変われという聖飢魔Ⅱからのメッセージは、
どんな本を読むより、心に響くものでした。
聖飢魔Ⅱのミサにリアルタイムで行ける時代に産まれて幸せです

2 COMMENTS

社会人失格

NPDについていろいろ読んでいて、こちらにたどり着きました。
初めてコメントさせていただきます。勝手なイメージを書かせていただきます。傷つけてしまったらすみません。
みすくさんは、ネクラではなくて、外に向かってわかりやすい明るさを表現しないタイプの人のように思いました。
戦争体験者ほどの辛さではないにしても、ある種の抑圧のようなストレスを受けたあとの開き直ったようなどん底になれない感じ、
悲しさの裏側にある明るさを、あなたの文章から感じました。
家族などとの関係って、全てではないけれど多くの人が背負ってはいるのかもしれないけれど、幼少期からであり、継続する関係でもあり、
決して目をつぶれない、多大な影響力をもつものだと私は思います。
NPDなどの一部の攻撃性のある人格の人は「くみ取ってくれる洞察力がある人ほど攻撃する」といった内容の記載を以前読んだことがあります。
生まれ持った感性と育った環境から学んだ(?)洞察力が攻撃される原因かもしれませんね。
でも、周囲への思いやりを忘れないあなたの長所が、「みすくの筆箱」のいたるところにちりばめられていると感じました。
仕事面も優秀なようですね、実力を嫉妬される要素も持っていらっしゃるように思います。
私も何かひとつでもほこれるものを持てるように日々精進したいと思いました。
「みすくの筆箱」これからも楽しみにしています。

返信する
みすく

> 社会人失格さん

コメントありがとうございます。
社会人失格さんも洞察力がありますね。かなり近いです。
本来、人よりバイタリティがあり精神力は強靭だと思います。
自分の強さを信じているので、何があっても明るい面が死んでしまうことはないです。

NPDなどが「くみ取ってくれる洞察力がある人ほど攻撃する」といった内容は、わたしもどこかで読んだことがあります。
気付いてしまう、だから対応してしまう、それゆえターゲットになるんですよね。

社会人失格さんもNPDに悩まされているのでしょうか。
わたしで良ければお話お聞きするので、いつでも気軽にコメントしてくださいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。