ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

Seleniumをインストールして使ってみる

JavaでSeleniumを使ってみます。

インストール

http://www.seleniumhq.org/download/

Selenium Client & WebDriver Language Bindingsと、
FireFox以外のブラウザを操作する場合は、Third Party Drivers, Bindings, and Pluginsから、
対象ブラウザのドライバをダウンロードします。

selenium_01
selenium_02

jarの追加

Selenium Client & WebDriver Language Bindingsを解凍し、
適当なところに置いて、プロジェクトにjarをすべて追加します。
やり方がわからなければ、ビルド・パスの追加でぐぐれば良いと思う。

JUnitでコードを書く

取りあえず、Chromeを起動して、Webサイトを開くところまでやってみます。
やっていることはコードの中のコメントに書きました。

package web;

import org.junit.After;
import org.junit.Before;
import org.junit.Test;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeOptions;

public class Test_Selenium {

	private ChromeOptions options;
	private WebDriver driver;
	@Before
	public void setUp() throws Exception {
		options = new ChromeOptions();
		// Chromeのパスをセット
		options.setBinary("C:\\Program Files (x86)\\Google\\Chrome\\Application\\chrome.exe");
		// chromedriverのパスをセット
		System.setProperty("webdriver.chrome.driver", "./driver/chromedriver.exe");

		driver = new ChromeDriver(options);
	}

	@After
	public void tearDown() throws Exception {
//		driver.quit();
	}

	@Test
	public void test() {
		// URLオープン
		driver.get("http://fudebaco.com/");
	}
}

参考にさせていただいたサイト
Small Java world様 Seleniumの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。