ちょっと生きづらさを抱えた人へ、気持ちを楽にするためのお手紙です。

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!【本】

こんにちは、みすくです

 

なんとなく胡散臭いし、

時々何を言ってるのかよくわからないんだけど、

なぜか気になってしまう、苫米地英人 博士の著書です。

 

博士の著作を読むのは5冊目。

はじめは、いつも通りの内容だし、物足りなかったと思いました。

でも仕事でへこむことがあって、また読みたくなりました。

 

ただ、「自分らしくないな」と思えばいいのです。自己評価は高く保ったまま、「こんなのは自分らしくない。もうしないぞ」と考えます

 

本気でへこんでいたら、実際にこう考えられるかは別として、

人生、この程度で良いと思うの。

 

ちなみにすべてのページに描いてあるイラストは、

パラパラ漫画になっています。

 

写真は写真素材 足成さんからいただきました。

内容とは全然関係ないけど、かわいかったから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。